看護師等修学資金貸与制度について

「看護師等修学資金貸与制度」というものをご存知ですか?東京都において、都内の看護師養成施設に対して、卒業後、都内で看護師として働きたいと思っている人に対し、就学の支援をするというものです。この貸与金は、期間内で返還しなければなりませんが、看護師養成施設を卒業し、国家資格取得後すぐに、ハンセン病療養所や、医療型障害児入所施設・介護老人施設などの指定されている施設で5年間看護師として働いた場合は、看護師等就学至近貸与金の返済が免除されます。この制度は看護師になるにあたって修学における金銭面での負担を少なくし、看護師養成施設に通う生徒数の確保する目的があります。ゆくゆくは看護師になり都内で勤務するという括りをつけることにより、東京都内での看護師不足の緩和を図ることにもなります。貸与の資格としては都内の助産師・保健師・看護師・准看護師の養成施設に通っている、もしくは看護師免許を取得後、東京都内の大学院で看護に関する専門知識を学ぼうとしていることが大前提で、他には健康で成績優秀であることや、その他の就学支援金を受けていないことなどがあります。所得制限がある場合もあり、経済的に修学が困難と認められた人を対象としています。修学資金は無利子で貸与され、納入期限が過ぎた場合のみ、延滞利子が加算されるので、期限以内に納入日を守りきちんと変換していかなくてはなりません。この制度は東京都だけでなく、他の県や都市でも設けられていて、看護師育成に力を入れています。こういった制度を広めることにより、日本における看護師不足が緩和されるようになるといいですね。

「30代の看護プラス」
URL http://kango-plus.com
こちらのサイトでは、保健師のことを詳しく解説してあります。他にも助産師・看護師・准看護師それぞれ特化したサイトがあるので、探してみると面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です